占星術アロマテラピー®︎〜星と香りのカウンセリングセッション〜

占星術アロマテラピー®︎〜星と香りのカウンセリングセッション〜

 

 

占星術アロマテラピー®︎は占星術とアロマテラピーの2つのメソッドから成り立っています。
カウンセリングセッションではまず出生ホロスコープを鑑定し
そして、占星術アロマミストを製作していきます。

 

では、出生ホロスコープを鑑定すると何がわかるのでしょう?

天体、星座、その動きを読んでいくことで
目に見える部分では行動、思考、性質、趣味、喜び、幸運のありかなど
様々な要素を目で見て理解することができます。

この部分では、答え合わせのようで
「だから、こうだったんですね」というお声をよくいただきます。

 

 

でも、出生ホロスコープを読んでいくことは目に見えることだけを捉えるだけではありません。

皆、生まれてきたときに何をしたいかという課題を持って生まれてきたと言われています。
課題はホロスコープに隠されている形で存在しているので
それが意識にあり確信して行動できる場合と
一体自分は何をしていけば良いのか道に迷う場合があります。

また、ホロスコープは生まれてきたときの環境
父、母、家族、友達であったり体質などの自分を取り巻く環境も読み取ることが可能です。
環境は外部の要因なので必然なのに受け入れられないことも多いですが、
カウンセリングセッションではそうだったなーと振り返りのようになることも多く
今の現状と過去のことをジクソーパズルのようにピースを組み合わせていく作業になります。

 

 

環境は自分一人の力ではどうにも変えられないし
未知の出来事に不安を感じることも誰にでもあります。
未来が見えないから、周りは進んでいるから
私だけが止まって見えるときといった漠然とした気持ちは
外部の状況から判断するので揺れ動きやすくなってしまいます。

 

そしてカウンセリングセッションにおいて大切なことは
誰もが持っている可能性を引き出していくことです。

 

たとえば、
自分がこうでありたいという活動であったり目標であったり日常を送るための「顕在意識」と
意識していないけれども要素として併せ持っている「潜在意識」。

 

顕在意識は私たちの意識の中でも氷山の一角と言われ
ほんの数パーセントしかないと言われています。
残された数十パーセントは潜在意識と言われる部分で
潜在意識にアクセスすることで持っている才能を
最大限引き出されると言われています。

 

氷山の一角の意識でどれだけ努力しても壁が立ちはだかり
頑張ってもこれが精一杯と思えてしまいます。
それに対して、潜在意識を理解していくことで
無限の可能性を秘めてくるということです。

 

人は体も心もホメオスタシスという本能を持っています。
本能的に元に戻していく恒常性という性質が備わっているため
新しい思考を手に入れそのように思考を変えていこうという意識を持っても
もとの自分の考え方に戻ってしまうことを経験されたことはありませんか?

 

 

潜在意識を意識するにはトレーニングが必要になってきますが、
まず過去にとらわれないこと、未来を怖がらないこと。

過去にとらわれないというのは、
過去に失敗したこと、嫌だったこと、苦手だったことを意識してしまうと
同じような経験を引き寄せてしまうからです。
また、過去の成功体験をイメージすることは良いのですが
そこにしがみつくことによりそれ以上の結果を残せなくなる可能性も秘めています。

未来は、未来のことは誰もわからないのです。
ですが、未来を信じていくことができなければ前に進むことができません。
未来を信じて進む=自分を信じて進むということになりそこに意思が生まれてきます。
未来を信じて進むためにはできるか、できないかの判断ではなく、
「こうしていきたい」という希望のようなものを未来に見つけていくことになります。

カウンセリングセッションで一度過去をクリアにして
未来予想を立てていくことで不安を和らげていくことができます。

 

 

そして、占星術アロマテラピー®︎カウンセリングセッションでは
占星術アロマテラピー®︎精油を使った占星術アロマミスト(スプレー)を製作し
お持ち帰りいただきます。

占星術的視点から選択していく占星術アロマテラピー®︎精油は
出生ホロスコープから必要な香りをみつけます。

天体のバランス、
サインのバランス、
アスペクトのバランス

すべてのバランスを読み取ることで過剰なものを減らし
不足しているものを補っていき
不調和を調和的な状態へ。

占星術的視点から精油を選択するのは私ですが
香りはクライアントさんが嗅いでいただき
最終的にはクライアントさんとの質疑応答で
必要な香りを見つけ出します。

香りを判断するのは嗅覚。
嗅覚は第二の脳と呼ばれる大脳旧皮質につながっています。
ここは本能をコントロールする中枢になり嗅覚は直接ここにつながっています。
感覚の中でこのように脳に直接つながっているものは嗅覚しかなく
だからこそ香りは本能や記憶を呼び覚ましたり、
免疫系、神経系、ホルモン系などの調整ができるのです。

 

香りを使うことはトレーニングを必要とせず意識を変えていくことができるのです。

 

占星術アロマテラピー®︎カウンセリングセッションで作るミストは
出生ホロスープを読み取るだけではなくて
制作したミストをお持ち帰り頂き使っていただくことで継続いたします。

星と香りのカウンセリングセッション

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

結婚を機に以前からあこがれていた北海道帯広へ移住。 星とハーブに囲まれて自然と共に生きるホリスティックライフを実践、アロマテラピーやハーブの講師として活動を始める。 その後、占星術アロマテラピーと出逢い認定占星術アロマセラピストを取得。 また、占星術に完全に呼応するFirst Light Flower Essence of New Zealand®(ニュージーランドフラワーエッセンス)も取得。 リーディングセッション、ワークショップなどを通じ、 個々の魂の鋳型を読み解き癒すことで持って生まれた良さがポジティブに出る気づきと癒しの活動をしている。 https://linktr.ee/hoshinokaori_obihiro