土星が水瓶座へ

土星が水瓶座へ

 

今日は土星が27年ぶりに水瓶座に戻ってくる日です。
土星のサイクルはもともと長いサイクルです。
なので、時代を象徴する出来事と捉えていきます。
国家、責任、チーム、技術革新、仲間、グローバルに焦点が当たり変化を起こしていきます。

実際に27年前の土星水瓶座滞在期間にはかなりの変化が起きています。
まず、トピックをかいつまんで見てみましょう。

前回水瓶座の滞在は1991年2月7日〜1993年5月20日まででした。
ソ連が崩壊してロシアになり、連日報道されていた湾岸戦争では
クェート開放に向けて各国が多国籍軍を組んで様々な支援を展開していました。
ブッシュ大統領とゴルバチョフ大統領の第一次戦略兵器削減条約が締結。
原因が特定できないエイズが出てきた頃で多くの人が犠牲になっています。

国技の相撲界で曙が外国人力士初の横綱に。
各地で地域FM局が開局し、銀行の合併も進んでいきました。
日本では91年に眞子様が御生まれになり
93年に皇太子仁徳親王と小和田雅子さまの結婚の儀が執り行われました。

ざっとみただけでも世界が一丸となり取り組む課題があり、
国家という枠組みを超え取り組んでいて水瓶座のグローバライゼーション、ワンネスを垣間見ることができます。

日本国内においても電波に乗せて新しい世界を創っている感じがよく伝わり、
地域FM局が流行っていてローカルな情報を発信する方法が増えました。
国としてローカルな競技に海外の旋風が吹き、
皇室では民間からのお輿入れされた雅子さまが外務省勤務であったことも水瓶座らしい職業で、新しい風が吹いたことが今でも記憶に残っています。

 

過去の記録を見るだけで水瓶座のテーマであるグローバルネットワーク、改革、革新、新しい形、新しい技術というのが目白押しだったのがわかりますね。
さて、今年土星が水瓶座に入ることでどんなことが起こるでしょうか?
なんだかドキドキしてしまいますね。

 

 

山羊座の土星と水瓶座の土星

 

古典占星術において水瓶座の支配星は土星でした。
望遠鏡が開発され土星よりも遠くの天体が発見され、今の支配星は天王星です。
天王星の発見された経緯はハプニングだったことから、
突発的な出来事、革新、新しい技術ということを象徴していくことに。

 

土星は父親であり、時を司る者。
厳しくて、引き締める役割を与えられています。
感情は冷たく、ドライな印象を受けます。

2017年12月20日から2020年12月16日までの山羊座土星期
2020年12月17日から2023年3月6日までの水瓶座土星期。
土と風の性質の違う星座に入るだけでこのような違いが出てきます。

 

山羊座の土星のイメージは上司です。
困ったことがあり相談したとき、手出しはせず助け舟を出してくれます。
教師のような一面を持ち、厳しい現実社会を乗り越えていくための知恵を授けてくれる。
愛情は感情表現をしないけれども、コアを支えサポートしてくれます。
余計なことは言わずに、相手の喜怒哀楽を受け止めてくれ、
自分の事はあまり話たがりません。
スケジュールされたことはきちんとこなす責任感を持っています。

 

水瓶座の土星のイメージは代表です。
たくさんのコネクションを持ち、みんなで手を取り合って頑張ろうとします。
広い世界で責任を担っていきますので、人の意見を聞きながらも自分の信念を曲げない。
博愛主義なので誰かに肩入れするようなことはせず一人の人との恋愛はどちらかと言えば苦手。
相手からのアプローチもどこか他人事のように受け止めてしまい、チャンスも逃してしまいます。
でも自分も大事、あなたも大事というスタンスなので
何かしようと思えばたくさんの仲間やお友達が手伝ってくれます。

土星本来の持ち味はどちらの星座に入っても良い形で発揮できるときです。むしろ、水瓶座に入ることでいつもより少し責任感が増してきて、夢や理想を現実化しやすくなります。何か形にしたいことがある人には追い風となってくれることでしょう。何もない時でも、夢や理想を大いに語ることが大切ですよ。

 

水瓶座時代へのカウントダウンのはじまり

 

今年は土星と同時期に木星も水瓶座へと移動していくことで話題を集めています。

このように同じ星座に滞在することは珍しく、しかも、しっかりとコンジャンクションを組んでいくことは20年に一度の天体ショーです。おまけに、山羊座には冥王星が滞在していて、このコンジャンクションを少し離れたところから見ています。冥王星の力は破壊と再構築。昨日までの土の時代を強制終了して全く新しい形へと変える力を持っています。

 

今、実際の空を見上げてみるとどんどんと土星と木星が近づいてきていて22日にはピタリと重なり、土の時代から風の時代へと入っていきます。実は、この時代の変化は240年ぶりに起きることでなかなか体験できないものなのです。この時代に生まれて時代の切り替わりを体験できる仲間たちと特別なご縁があるように思えるのは私だけでしょうか。きっと皆さんそうでしょう。

香りを使って水瓶座時代を迎えましょう!

 

土星の香り
サイプレスとシダーウッドを主体としたウッディな香り。
太古から人類が使ってきている樹種のサイプレスとシダーウッド。
長い年月をかけて大きくなりとても頑丈な材木になります。
土星の香りはセンタリングとグラウンディングを促し、
必要なことだけを見極めるときに役に立ちます。

水瓶座の香り
ティツリーとユーカリとローズマリーを主体にしたすっきりとした香り。
天王星の発見とともに精油が作られるようになったティツリー、ユーカリ
キッチンハーブとして大活躍のローズマリー。
芳香成分は嗅覚を刺激して頭脳を明晰にしてくれます。
水瓶座の香りは自由と仲間を愛するとき、
夢や理想を見つけるときに役に立ちます。

精油のお求めはこちらから
占星術アロマスプレーのお求めはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

結婚を機に以前からあこがれていた北海道帯広へ移住。 星とハーブに囲まれて自然と共に生きるホリスティックライフを実践、アロマテラピーやハーブの講師として活動を始める。 その後、占星術アロマテラピーと出逢い認定占星術アロマセラピストを取得。 また、占星術に完全に呼応するFirst Light Flower Essence of New Zealand®(ニュージーランドフラワーエッセンス)も取得。 リーディングセッション、ワークショップなどを通じ、 個々の魂の鋳型を読み解き癒すことで持って生まれた良さがポジティブに出る気づきと癒しの活動をしている。 https://linktr.ee/hoshinokaori_obihiro