星と私とツナガルこと〜アロマテラピー講師をはじめた日のことを振り返る〜

4月22日の記念日

 

アヒルの会でアロマテラピー講師として初めて講座をした日です。

アヒルの会は私が立ち上げた子育てサークルでご近所さんに向けて
近所のセンターで開催していました。
私の住んでいる場所は街から遠く出かけられるお母さんは少なくて、
市役所に市の子育て支援を求めたのですが動いてくれなかったのです。
いっそのこと自分でサークルを立ち上げてしまえ!と思って作ったのがアヒルの会。

そのメンバーたちも子供が大きくなっていくうちに疎遠になっていってしまったのですが、
私がアロマテラピー講師を始めると同時に一番最初にオファーをしていただきました。
本当にアロマテラピー講師として活動できるかという不安の中
アロマテラピー講師デビューをさせていただきました。

それが、2010年4月22日なのです。

 

星と私とツナガルこと〜アロマテラピー講師をはじめた日のことを振り返る〜

そこで、今日は私の出生図と2010年4月22日の星模様をあわせてみて、
何故アロマテラピー講師を選び、きっかけはどういうことだったのか?
を探してみました。

占星術は過去の事象を検証することで、
その時の状況や気持ちを推測することができます。
自分の状況を知ることはこれからの成長に役に立つことだと思います。
それでは早速みてみましょう!

 

 

出生図のチャートと2010年4月22日のチャートを合わせてみると。。。

 

その時の私は
思う存分アロマテラピーに関われることが嬉しくて何もかもが新鮮で楽しかった。
何もないところから、アロマテラピー検定を受けて、
その後インストラクターまでの道のりも無我夢中。

今回アロマテラピー講師としてまだアロマテラピーを体験したことない人に向けて講義すること、アロマテラピーやハーブを広めることができるという使命感があったような気がします。
私が楽しいと思っていることの共有、そこで、生徒さんたちが見せる笑顔。
人に喜んでもらえることなどの全てが嬉しくてワクワクしていました。

アヒルの会の他にも生涯学習課の講座やお母さん向けの癒し講座
各種研修会での癒しのひととき、カンタベリーでのカフェ講座と
どんどんと講座が決まっていきました。

 

SA木星□Nノード軸
ワクワクする気持ちとそれに伴う報酬が生徒さんたちに向けた講座によって得られること。
SA木星は9ハウスカスプと重なりファイナルディスポジター。
アロマテラピーは元々海外の文化でありますし、
科学や解剖生理学、植物たちのことや蒸留技術など
たくさんの知識が必要で教養といったことで捉えられるものであります。

SA月△ノード軸
気持ちの面での変化も大きく。
子供たちの世話に明け暮れていた家庭から社会へと動いています。
今までの習慣やお付き合いなどから一歩置いて、
もう少し広い範囲の人間関係を求めています。

 

なぜアロマテラピーだったのか?

 

アロマテラピーという嗅覚を使う仕事は私の牡牛座土星が支配しているようです。
なぜなら土星はMCのFDになります。

ということは
五感を使う仕事をしていくことで自分らしく生きていくことができるということ。

この頃から五感を使う仕事は他にも木育マイスターとして
地域の森林を利用したイベントを開催しており形に残る実質的な活動もはじめています。

SA火星□N土星
仕事や役割の変化が起こってきて、
そこに向けられる集中力も粘り強かったんですね。
しっかりとした責任のあるものに対して燃えてるのです。
自分の作ったアロマテラピー講座は私にしかできない
そして生徒さんにはとことん楽しんでもらうという責任です。

今でもこの仕事が大好きで
何よりも講座がある時は心がウキウキしますし、
そして香りや植物とともにある生活がとても幸せです。

この時の選択は私にとっては間違いなく大事な選択で、
星模様からもこの仕事が第一選択に上がってきて
いろんな人に求められて成り立っていました。
この色んな人に求められるということも
星が示していることだと思います。

今まで続けて来れたこと
私に関わってきてくれた人たちに感謝です。

 

 

トランジットの図から読み解く

 

トランジットは今の星模様になりまして
出生図と合わせるときっかけを与えてくれるタイミングをみます。
私の出生図と2010年4月22日経過チャートを合わせると・・・

tr太陽とN土星
tr木星とN火星
tr土星とN冥王星

この絡みがあります。

やってやるしかないでしょう。といった感じで。
星模様を観察してみると、
自分の思う以上に変化の時を迎えていたんですね。

特に自分の役割と責任と人生の目的に対して。
講師を始める前のわたしの役割は母親であることと妻であることで
お家でのお仕事がほとんどで外に出ることすらなかったのです。
それがこの頃から自分のやってみたいことを表現するようになり、
当時とても遠く感じていた札幌までアロマテラピー検定を受けにいくという
当時の私にとってはとんでもなく凄いことをしたんです。
その情熱はどうしても止められることができなくて、
アロマテラピー講師への道を開いたと思います。

子供がまだ小さかった頃に火がつきまして、
私は2007年にアロマテラピー検定、
2009年にインストラクターをとりにいったのです。
講師を始めたときは子供達が全員小学生に上がりまして、
子育てもひと段落とという状況でした。

もうその頃にはじわじわと役割の変化と集中する場所、
やる気がシフトしていたのですね。(SA火星とN土星)

4月22日は私にとっては毎年のことになるのですが、
たどってきた道のりを見つめてリセットされる日なのです。
だから、今日は過去を振り返りリセットする気になったのでしょう。

星模様は人生模様での成長のパターンをどう辿っていくかを考察することに役立ちます。
ふとした瞬間に星を読むことができると懐古するのも楽しいですね。

関連記事
星の香りはあなたを包んでくれるお守り【占星術アロマテラピー®︎カウンセリングセッション】
占星術フラワーエッセンスセラピーとは【占星術フラワーエッセンスカウンセリングセッション】

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

結婚を機に以前からあこがれていた北海道帯広へ移住。 星とハーブに囲まれて自然と共に生きるホリスティックライフを実践、アロマテラピーやハーブの講師として活動を始める。 その後、占星術アロマテラピーと出逢い認定占星術アロマセラピストを取得。 また、占星術に完全に呼応するFirst Light Flower Essence of New Zealand®(ニュージーランドフラワーエッセンス)も取得。 リーディングセッション、ワークショップなどを通じ、 個々の魂の鋳型を読み解き癒すことで持って生まれた良さがポジティブに出る気づきと癒しの活動をしている。 https://linktr.ee/hoshinokaori_obihiro