占星術的視点から見る太陽と月と私たち~占星術アロマテラピー®と占星術フラワーエッセンスで陰陽を整える~

森羅万象宇宙の法則【男性性と女性性】

 

皆さん男性性と女性性と聞いて
どんなことを思い浮かべますか?

男っぽさや女性らしさ
男なのに女っぽいとか、
美女なのにおっさんとか。

不思議ですが
男性でも女性でも対岸にある性を持っていると
感じることが容易に思い浮かびます。

 

男と女という考え方は生き物だけではなく
時間、空間、精神なども含めて
この世の中はすべてが2つのバランスをとり
存在しながら廻っていますよね。

 

男性性と女性性のほか

陰と陽
善と悪
白と黒
産と死
能動と受容
出雲大社と伊勢神宮

 

というように
ひとつの物事が生まれたときから
もうひとつのベクトルが働き
二つは遠心的な関係性をとっていき
それが揃うことで全てが成り立っていきます。

 

男性と女性もプラスとマイナス。
占星術における男性と女性の関係性は
というか、まず、これがないと
お話にならないところがあります。
太陽と月について紐解いていくと
結局ひとつになって…
水瓶座の時代に生きていく事と繋がってきます。

 

 

男性性と女性性を占星術的な視点でひもといていくと…

 

古代から受け継がれている占星術は
人類の叡知が濃縮されていて、
森羅万象、宇宙で起きる全てのことが記録され
未来まで続いていくことを感じさせてくれます。

 

そんな壮大な占星術ですが
おきた事象についてや個人のことを見ていくとき
まず、基本は男性性と女性性2つの性質から観察をはじめます。

 

サイン(星座)は持ち合わせる性質から男性星座と女性星座に分類されていますし、
天体も能動的か受動的かで分類ができます。
エレメントは男性性は火のエレメント、女性性は水のエレメントと分類しています。

 

男性的であるか女性的であるか

その行動も感受性も
すべては持っているバランスによって
マッチョな男性でも感性は女性ということも
見た目は絶世の美女でも戦略的に戦うことができたり。

 

サイン、天体、エレメント
どこでどのような配置(バランス)になっているかは
その人それぞれで、そのバランスが個性を作っています。

 

星の香り
プラスとマイナスのバランスをとる
ということが人生の課題というか
みんなに与えられた使命。
バランスをとるというより
感覚的に上手く使いこなしていると
生きやすいとか、その人らしさが表れてくると思います。

占星術アロマテラピーや占星術フラワーエッセンスは
植物とともに働きバランスをとることが得意です。
だから、占星術だけよりも後までケアができるんです。

 

ホロスコープを読むということは
12サイン、10天体、ハウスなどを手がかりに
分析していく作業です。

 

そのなかでも一番最初に見ていく天体は太陽と月。

 

太陽と私たちの関係性

 

太陽はみずから輝くため自己を表すとされています。

内側から核融合された熱は燃え上がり
外へ外へとエネルギーを放出し
遠く遥か彼方の天体にまで影響をおよぼし
地球に生きる私たちすべてに影響を与えています。

 

太陽がなくては寒くて死んでしまうし
太陽が暑すぎても枯れてしまう。
生命の源のエネルギー。

 

太陽はまさに陽。
そして自ら発信していくため能動的
自己表現をしていかなければ生きていけないのは
私たちの中にはすでに太陽があり
「こうしたい!」という欲求が存在しているからです。

 

太陽は父なり

 

という言葉がエメラルドタブレットにあるように
なん千年も前から太陽を見て男性性を感じていたんですね。

 

 

それにたいして月の存在はというと…

 

月と私たちの関係性

 

太陽の光は直接見ることができません。
でも月の光はとても柔らかくいつまで見ていても飽きませんね。
月の光は太陽の光を反射して地球の上から拝めるのです。

 

月は受け止めるという役割があり
受動的で
陰の性質で
女性性を表していきます。

 

しかも、月は惑星ではなく
占星術で使う主要10天体のなかで唯一の衛星です。

衛星は天体と重力で結び付いているので
重力が消えた瞬間にどこかへいってしまいます。

なので自分を主張することはなく
あなたのために私はいるという立場。

 

男性的な太陽は自ら主張したいのですが
月の応援がないと燃えることができません。
一方、
女性的な月にとっての太陽は
内側に秘めた感情を表現するために欠かせない存在になります。

 

たとえば自分磨き
ヨガやお料理、お化粧やファッション
内側と外側も両方きれいになりたいという願望。

でも、これって
思うことがなければ変化させていくことが難しく
変化させようという意思がなければ変化はおこってこない。
なんだか当たり前のことのようだけど
月と太陽のバランスをとることって
実はとっても難しいことですよね。

 

太陽が放つエネルギーは毎日同じなのにたいして
月が受け止める光の量は毎日違うため月の形も変わって見えます。
日々、同じ。というルーティンではなく
変化するから美しい。

 

月が変化することと私たちの繋がりは「感情」です。

私たちの感情も1日のなかで2000回ほど変化するという
お話を聞いたことがあります。
月よりも激しいですよね。

感情は流れていくもので月の性質も水。
水は形を変えて存在しています。

 

月は母

エメラルドタブレットでは母。
母は女性、母性、愛

 

太陽と月は有史以来
神様として崇められたり
神話にもたくさん登場してきて
人類にとって
愛される存在ですね。

 

私たちも同様で
体の中に存在する太陽と月は
私たちもも一人の大切な存在だと気づかせてくれます。

男性性が女性性に愛を感じるのも
女性性が男性性を必要とするのも
決して見た目ではなく
その中に秘められた陰陽のバランス。

だから愛情というのは全てを包み込む
ワンネスに繋がってくるんですね。

 

お知らせ

 

太陽と月を理解することは
自分の表と裏を理解することになります。

今まで何でかな~と思っていた
自分に対する不思議を解き明かす
ポイントはここにあります。

 

星の香りでは学べる講座もあり、
自分を知るカウンセリングセッションもあります。
よかったら参考にしてみてくださいね。

 

太陽と月を理解して
香りで癒す方法を
占星術アロマテラピー®入門講座でお伝えしています。

次回開催日 2月19日

占星術アロマテラピー®入門講座を見てみる

 

太陽と月はもちろんのこと
10天体と12サインとハウス、アスペクトの読み方など
占星術の基本的な事柄と占星術とアロマテラピーの繋がりを
一度に学べる占星術アロマセラピスト養成コース
は実践可能なセラピストを養成しています。

次回開講日 3月4日

占星術アロマセラピスト養成コースを見てみる

 

占星術アロマテラピー®カウンセリングセッションでは、
太陽と月の関係性からあなたが一番輝くバランスを探して
なりたい自分に近づけるよう必要な香りを選択し
占星術アロマスプレーを作ります。

占星術アロマテラピー®カウンセリングセッション 随時承ります。

占星術アロマテラピー®カウンセリングセッションをうけてみる

 

占星術フラワーエッセンスでも、まず太陽と月のバランスを整えていきます。
カウンセリングを含めたセッションとともに
フラワーエッセンスは生年月日から見るあなたのガーディアンエッセンスと
今必要なエッセンスを組み合わせてトリートメントボトルをお作りします。

占星術フラワーエッセンスカウンセリングセッション 随時承ります。

占星術フラワーエッセンスカウンセリングセッションをうけてみる

 

ニュージーランドフラワーエッセンス体験お茶会
お茶会はニュージーランドフラワーエッセンス入門です。
太陽と月のお話はもちろんですが、21世紀のフラワーエッセンス、ニュージーランドフラワーエッセンスについてのお話が中心になります。

次回開催日 3月5日

ニュージーランドフラワーエッセンス体験お茶会を見てみる

 

新月のルナアロマテラピーでは、新月にスタートすることで現実化させていくルナアロマテラピーをお伝えします。
月のリズムは昔から私たちの生活に即したリズムです。月の変化とともに暮らしを整えるアロマテラピーです。

次回開催日 2月21日

ルナアロマテラピーを見てみる

 

 

その他のお問い合わせも受付中

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

結婚を機に以前からあこがれていた北海道帯広へ移住。 星とハーブに囲まれて自然と共に生きるホリスティックライフを実践、アロマテラピーやハーブの講師として活動を始める。 その後、占星術アロマテラピーと出逢い認定占星術アロマセラピストを取得。 また、占星術に完全に呼応するFirst Light Flower Essence of New Zealand®(ニュージーランドフラワーエッセンス)も取得。 リーディングセッション、ワークショップなどを通じ、 個々の魂の鋳型を読み解き癒すことで持って生まれた良さがポジティブに出る気づきと癒しの活動をしている。 https://linktr.ee/hoshinokaori_obihiro