ハードアスペクトと土星

ハードアスペクトと土星

 

健康状態については誰でも気になるところでよく聞かれたりするのですが、基本的には「占う」ということはいたしません。

占うというよりは生まれ持った性質のなかには健康状態を示すサインもあり、ホロスコープの鑑定で目立つものがありクライアント様が気になっているようでしたらお伝えする事がありますが基本的にこちらからお伝えすることはあまりありません。

病気はホロスコープの吉凶でいえば凶にあたる部分ですね。

ホロスコープの凶と言えばハードアスペクトと土星が一番に挙げられると思いますが、皆さんはどのように感じられますか?

 

 

ハードアスペクトと土星の持つ意味は病気に似ている?

ホロスコープの中にハードアスペクトがある時、皆さんだったらどのように感じますか?

ハードアスペクトが多いと「辛い」という言葉が一番最初に出てくる方が多いのではないでしょうか。それもそのはず、巷の見識としてハード=辛いという固定観念があります。

ハードアスペクトとは、0度、90度、180度に位置する天体同士の角度のことになります。

0度は一緒の場所にいる天体同士のお互いの作用やサインの意味を高めます。

90度は行動をするときに天体やサインの違いから葛藤が起きやすくなります。

180度は対になるサインの意味と天体のぶつかり合いになりシーソーのバランスを取るように偏りが出てきてしまいお互いに喧嘩をするような感じです。

一般的にはどれもあまり喜ばれないアスペクトの意味ですね。

でもどうでしょう。

ビルゲイツや本田宗一郎など他にもたくさんいる世界を牽引するような経営者にはハードアスペクトにインパクトがあります。そのインパクトは世界の壁を突き破るようなアイデアだったり、世界をあっと驚かせる力であったり、報酬という形で出ることもあります。そこには努力やひらめき、壁を乗り越える力があって、ホロスコープの中に眠っているトラインの効果を高めていったりもしていきます。ハードアスペクトは人生を歩んでいくために必要な要素の一つとなるのです。

 

ホロスコープの中の土星の役割とは

 

土星は古典占星術から凶ということで取り扱われていました。ウイリアムリリーの点数表でも火星とともにマイナスの評価を受けていて厳しさを物語っています。現在でも土星は制限をかける天体として、アスペクトを取るとマイナスのイメージで捉えれられています。土星が絡むサインやハウスを見ることでその人の身体的弱点もわかります。よく知られているのは土星と水星のアスペクトを持つ方は精神的に鬱っぽくなると言われていたりします。

昔から忌み嫌われてきた土星ですが、一番遠くから働きかけるための大事な天体なのです。といってもそれは昔のお話です。望遠鏡がなかった頃は肉眼で見える最遠の天体として観測されていました。なので、遠くて、寒い=硬くて、感情が冷たいという意味がつけられてしまい、最遠の天体は境界を作っていると考えられました。今でもその考え方はしっかりと残っていますね。

 

でも、ホロスコープの中には誰もが土星を持っているのです。そして、ホロスコープの中の土星は私たちの成長に欠かせない要素になって活きていきます。

誰もが制限のない自由な世界に憧れて、そのために努力しますよね。そこで活きてくるのは土星力。土星の役割を果たす場面になります。

サインは身体部位に振り分けられていて、土星があるサインが弱点となるという見方があります。実際にそうだと私も実感しています。例えば、獅子座に土星がある場合は心臓が弱ってしまっていたり、蟹座にある場合は胃が弱かったり。

面白いことに、体の疲れは私の使っている12星座10天体のカードでもピタリと出て来ます。カードセッションの時はお伝えすることが多いです。なぜなら、本当に気になっている方がお聞きになられるからです。また、カードの特性として継続されるというよりは現状を見る事ができるからです。そこで発見したことはきちんとお伝えして予防してもらう事ができたらと思っています。

土星はカードセッションの時でもよく働いてくれ、お仕事のことや体のことや、やりたいけどできないことなどを教えてくれる手がかりとなります。

 

ハードアスペクトと土星

 

ハードアスペクトも土星も限られた中で乗り越えなくてはいけない人生の壁になります。病気も同じく気力がなければ乗り越えられない人生の壁なのです。そして、この三つの共通点は努力、成長、頑張るきっかけを与えてくれるヒントになるのです。

人生は何もなくすんなりと楽に生きることがいいことでもありますし、努力して乗り越えるとそれだけドラマが生まれてくることになります。どちらが良いというわけではなく、どちらも必要で人生を彩ってくれます。だから、ホロスコープから病気を占うことはしないのです。そこにある要素でどのようにドラマを作っていくかをお伝えすることにしています。

そこに香りとフラワーエッセンスのサポートをくわえると「ととのう」事ができるのです。

 
占星術フラワーエッセンスセラピーとは【占星術フラワーエッセンスカウンセリングセッション】

星の香りはあなたを包んでくれるお守り【占星術アロマテラピー®︎カウンセリングセッション】

 

ABOUTこの記事をかいた人

結婚を機に以前からあこがれていた北海道帯広へ移住。 星とハーブに囲まれて自然と共に生きるホリスティックライフを実践、アロマテラピーやハーブの講師として活動を始める。 その後、占星術アロマテラピーと出逢い認定占星術アロマセラピストを取得。 また、占星術に完全に呼応するFirst Light Flower Essence of New Zealand®(ニュージーランドフラワーエッセンス)も取得。 リーディングセッション、ワークショップなどを通じ、 個々の魂の鋳型を読み解き癒すことで持って生まれた良さがポジティブに出る気づきと癒しの活動をしている。 https://linktr.ee/hoshinokaori_obihiro