東洋の歳時記と西洋の占星術は関係性が深い

春分を過ぎあっという間に晴明へ

 

日本はもともと月の満ち欠けをもとに暦を刻んでいた太陰暦
月の満ち欠けと太陽の動きを組み合わせた暦、太陽太陰暦を使っていましたが
現在使われている暦は太陽の動きをもとにして日を数えていく太陽暦になりました。

 

どの暦も季節感とずれが生じてきてしまいいまいちな部分があります。
そこで古代中国で考案された24の季節の移ろいを取り入れて季節とマッチさせて来たのが二十四節気です。

天空にある黄道を24に分割。
もちろん黄道は太陽の通り道で占星術でも使われていますね。
ですから、暦と占星術は密接な関わりがあるんです。

 

 

季節の節目には先人たちの叡知がぎゅぎゅうっと盛り込まれている

 

黄道はまず夏至と冬至の二至、春分と秋分の二分=二至二分
つまり、四等分の季節に分けられます。
占星術で言うと
牡羊座(春分)、蟹座(夏至)、天秤座(秋分)、山羊座(冬至)の始まる時期です。
太陽の進む度数で区切られていて
度数できっちり分けていて日付は年によりずれることもあります。

 

それぞれの中間地点に立春、立夏、立秋、立冬と四立で別けて八節に。
立は季節の転換点となります。
占星術で言うと
牡牛座15度(立夏)、獅子座15度(立秋)、蠍座15度(立冬)、水瓶座15度(立春)

 

そこからさらに細かくなって
一節が45日ということになりますのでそれを3つに分け二十四節気。
ひとつが15日、つまり半月ということになり
月にも太陽にもあまり左右されず季節の訪れを教えてくれ
農耕民族の日本では農作業の目安になっています。

 

占星術との関係性は
牡羊座 0度春分 15度晴明
牡牛座 0度穀雨 15度立夏
双子座 0度小満 15度芒種

蟹座  0度夏至 15度小暑
獅子座 0度大暑 15度立秋
乙女座 0度処暑 15度白露

天秤座 0度秋分 15度寒露
蠍座  0度霜降 15度立冬
射手座 0度小雪 15度大雪

山羊座 0度冬至 15度小寒
水瓶座 0度大寒 15度立春
魚座  0度雨水 15度啓蟄

照らし合わせてみるとこんな感じになっています。

 

そこからまたまた細かくしていくと
五日毎に区切られて七十二候という繊細に自然を写しとり
季節ごとに出てくる虫や動物の動きが細かく書かれ
パッと見ただけで季節が感じられる優れた暦です。

 

春分が過ぎて新しい暦になって
明日からは晴明。

 

晴明は「清浄明潔」を省略したものだそうで
万物は汚れなく清々しい様子を表しています。
花は咲き、鳥は歌い、空は青く澄、風は爽やかに吹き
自然は春の息吹を感じさせてくれるのです。

 

 

今日はお散歩でいっぱい春を見つけたので
清々しい気持ちになりました。

 

暦を感じながら過ごすと心も豊かになれるような気分になります。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

結婚を機に以前からあこがれていた北海道帯広へ移住。 星とハーブに囲まれて自然と共に生きるホリスティックライフを実践、アロマテラピーやハーブの講師として活動を始める。 その後、占星術アロマテラピーと出逢い認定占星術アロマセラピストを取得。 また、占星術に完全に呼応するFirst Light Flower Essence of New Zealand®(ニュージーランドフラワーエッセンス)も取得。 リーディングセッション、ワークショップなどを通じ、 個々の魂の鋳型を読み解き癒すことで持って生まれた良さがポジティブに出る気づきと癒しの活動をしている。 https://linktr.ee/hoshinokaori_obihiro